あじゃじゃのヒビコレ

ブースター搭載おてんば娘とうっかりブロガーママとマイペース有機農家パパの日常

異国情緒あふれる給食と農業に携わるきっかけ

何故だかわからないが、そのメニューの時は必ず一人はいる、今日の給食を把握している男子の声を思い出す。

 

「きょう、ちりこんかーんじゃん!」

 

牛乳が飲めず、食べられないものが多くて怒られがちな、給食が苦痛だった私のテンションを上げてくれる、オマジナイの言葉だった。

 

名前もわからない、見たこともない豆だらけ、コクがあってゴロゴロした食感も良く、茶色っぽいのにカレーではない。なんだかよくわからないけど、名前の響きと物珍しさに心惹かれた。

 

少なくとも家では絶対に出ないメニューに心躍る日が増えたのもよく覚えている。

 

私には今、なんでもおいしそうに食べる好き嫌いのない娘がいる。野菜が大好きな夫がいる。

そして、好き嫌いの多かった私がいる。

 

子供が生まれて、大量に消えていく野菜。購入する頻度が高くなり、美味しそうに頬張る娘にたくさん野菜を食べてほしくて、なんとなくオイシックスを始めた。

 

目に新しい野菜や果物に、毎日目を輝かせる娘。小さな果物泥棒は隙あらば野菜室を覗いて、庫内を露だらけにしていった。栗を拝借する時はトトロのどんぐり状態で、すぐ足がつくのである。

 

オイシックスで購入するものはどれも輝きに満ちていて、何より旨味があった。仕事に追われていた夫と小さな娘をつなぐ、きっかけが増えた。

 

市販の野菜を初めて美味しいと思ったあの時。

日々の食事は、心の栄養と知った時。

無性に分かち合いたい衝動に駆られた。

生きるために必要な栄養補給と思っていた、それまでの概念が、コミュニケーションに変わった瞬間だった。

 

幼児食チリコンカーンを塗りたくるように食べた娘は満面の笑みのピエロに。

夫も口端にたっぷりトマトソースが付いていた。

給食の思い出が、家族の味になり、きっかけをくれた農業にさらに興味を持った。

 

酷暑と言える夏は正直嫌いだけれど、夏が来るたびに私の農業や食事への信念を思い出させてくれる、エキゾチックな給食メニューだ。

 

チリコンカーン。

それはスパイシーなオマジナイ。

 

追記

キャンペーンにて優秀賞に選出頂きました!

ありがとうございます😊

Oisix特別お題「好きだった給食メニュー」「Oisix使ってる!使ってみたい!」結果発表! - 週刊はてなブログ

 

Oisix特別お題キャンペーン「好きだった給食メニュー」

Oisix(オイシックス)×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by Oisix(オイシックス)