あじゃじゃのヒビコレ

ブースター搭載おてんば娘とうっかりブロガーママとマイペース有機農家パパの日常

取り組みを知ろう①サイゼリヤ

経済活動を止めずに生活していかなければならない。どの業界も模索しつつ、コロナウイルスに立ち向かおうとしている。

 

今回書いている記事は、自分が利用させていただいた事をまとめたり発信することが、その企業や店舗様への貢献につながると信じ書くことを決めた。

情報が錯綜している昨今、私の記事から何かを感じ取ってもらえたら幸いだ。

(このシリーズはドキュメント風でお送り致します。)

 

コロナウイルスが日本にやってきて、もう半年以上が経った。収束が難しいなら、共存する方法を各々で考える他ない。

 

今回は値上することでリスクを減らすなど、一風変わった対策を打っている「サイゼリヤ」にて食事をしたのでまとめていく。

 

店内はいつも通りのイメージ。

ただし注文が圧倒的に変わっていた。定食屋さんの注文表のような用紙がセットされていて、シルバーと一緒にボールペンが一本運ばれてきた。

 

私はシルバーが2個運ばれてきたのだと思って、持参ボールペンで書いてしまった。

ケースを覗いて確認しよう。ボールペンは回収されて消毒している模様。

 

スタッフさんが注文表を取るハンディに触る機会を減らしたのだと思う。スマホはトイレより汚いとよく言われている。ハンディも同様のリスクがあると自分は考えた。

f:id:ajajatan:20200804185536j:image

 

メニューに触る事も抵抗があるなら、スマホ等でQRコードを読み込めば電子メニューが見られるらしい。

私はいつも通り紙のメニューを開いた。f:id:ajajatan:20200804185532j:image

今回はランチとドリンクバーの600円セット。

ご飯大盛り小盛り、フォカッチャ等付け合わせで番号が変わるので注意が必要だ。ドリンクバーも別口になっている。

f:id:ajajatan:20200804185540j:image

今回は上記のメニューをいただいた。

アラビアータのようなトマトソースとおそらくジェノバソースのかかったハンバーグ。メニュー名は失念してしまった。申し訳ない。濃い目で思っていたよりトマトソースにコクがある。美味しい。冒険してよかった。夏場にはいいかもしれない。

 

ドリンクバーのコーナーにはティースプーンが配置されていなかった。カップのソーサーも見当たらなかった。ソーサーに関しては偶然かもしれない。ティースプーンに関しては感染対策の一環と明示されているので、必要な人は店員さんに声かけする必要がある。

 

ゆっくり紅茶を楽しんでから会計へ。

レジに立って側と気づいた。

様々な店舗で見かける決済方法のマークのステッカーが無く、レジ回りがスッキリしている。

 

サイゼリヤは現金決済の店舗がほとんどだ。だからあの低価格を実現している。

今回の意図的な値上はキャッシュレス決済やクレジットカードを導入していないからこその苦肉の策だったのだろう。

 

しかし、会計がスッキリ払えるのは気持ちがいい。ATMがあれば小銭を入金してしまいたいくらい小銭を持ちたくない派の自分としてはありがたい。財布の中で小銭を探すのすらも嫌なのだ。

 

ちょうどを支払って、店を出る。

さて、また日常に戻ろう。

レシートは受け取らなかった。自分なりの感染対策だ。店員さんだって触れる機会を減らした方がいいに決まってる。

 

買い物や食事は生きる以上必要不可欠だ。現金と非接触のキャッシュレス決済をうまく利用して、乗り越えて行きたいものだ。

 

追伸:面白いものがあった。

サイゼリヤのとてつもなく難しいと話題のキッズメニュー間違い探し。売ってるの!?

 

サイゼリヤのまちがいさがし [ サイゼリヤ ]
価格:658円(税込、送料無料) (2021/11/30時点)


 

Yahoo!

サイゼリヤで検索で間違い探しだけオンリーのニッチさ